パゴ デ ロス カペジャーネス エル ノガル 2015

品名:パゴ デ ロス カペジャーネス エル ノガル 2015 750ml
原語:Pago de los Capellanes El Nogal
産地:スペイン/D.O.リベラ・デル・ドゥエロ D.O. Ribera del Duero
⽣産者:パゴ デ ロス カペジャーネス
Pago de los Capellanes
ぶどう品種:テンプラニージョ100%(エル・ピコンの芽を接⽊したクローンで、樹齢40年)
発酵容器:フレンチオーク製発酵槽
発酵期間:14℃以下で6⽇間発酵前低温浸漬後、28⽇間
発酵温度:26℃
MLF:フレンチオークの新樽にて32⽇間
熟成容器/期間:全部で4種類のキメの細かいフレンチオークの新樽/22ヶ⽉間(6ヶ⽉おきに移し替え)、その後瓶内熟成/18ヶ⽉間
ボディ:フルボディ
度数:15.0%
飲み頃温度:16〜18℃
料理:仔⽺のロースト、コチニージョフォワグラのポワレ、⿅⾁の⾚ワイン煮など
ノート:「こだわり抜いたモダンスパニッシュ。ハイポテンシャルで優美な⾃信作」
ダークチェリーの⾊調。ブラックベリーやチェリー、カシスなど⾚系、⿊系果実の混在するアロマ。コンポートしたプルーンのような⽢い蜜のニュアンスもあり、コーヒーやカカオなどのビターなアクセント。滑らかな⼝当たりでタンニンは溶け込み柔らかいタッチ。酸もまろやかで優美かつ繊細な逸品。厳選されたぶどうのみで樽熟成にこだわった⾃信作。リベラ-デル-ドゥエロにおける新進気鋭なワイナリーで、設備も新しく充実しており、モダンスパニッシュとしてポテンシャルの⾼いワインを産み出す。
名前の由来:葡萄を収穫した区画にクルミの⽊(=Nogal)があります。この⽊は、葡萄を栽培している⼈々が昼⾷を取るとき、または夏の猛烈な⽇差しから逃れるための⽇陰を作るために区画によく植えられています。テンプラニージョが植えてある6ヘクタールの区画に名前をつけるためにEl Nogal(=クルミの⽊)という⾔葉を選びました。
容量:750ml
年間⽣産本数 :20.000本
コルク:天然コルク
⽣産者名:パゴ デ ロス カペジャーネス
原語:Pago de los Capellanes
設⽴:1996年
⽣産量:600,000リットル
畑⾯積:100ヘクタール
所在地:ペドロサ・デ・ドゥエロ
畑の標⾼:700〜800m
⼟壌:⽯灰質、粘⼟質
収穫:⼿摘み
収穫時期:10⽉初旬から中旬
気候:⼤陸性気候。年間降⽔量は500mlと少なめで、夏は暑く冬は氷点下になる。
メモ パゴ・デ・ロス・カペジャーネスは、リベラ・デル・ドゥエロの中⼼地に位置し、同産地の中でも最も質の⾼いぶどうがとれる、ペドロサ・デ・ドゥエロのわずか1キロほど先にあります。ワイン造りに適した⼟地と環境を備え、設⽴以来数々の賞を受賞。⾼品質のぶどうにこだわり、収穫量はヘクタールあたり7000kgまで認められている地域で、あえて5000kgに抑えるなどの品質最優先の取り組みから、世界各地での⾼評価を不動のものにしています。ちなみに、エル・ノガルの区画では、アロマ、⾊素、タンニンを凝縮させるため、収量を4000kg まで抑えています。

STOP 20歳未満の飲酒

20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。