エバレー ワイナリー VS カベルネ・ソーヴィニヨン 2018

全国送料無料

パソ・ロブレスAVAを知り尽くしたエバレーが上質のカベルネを集めボトルに詰めた1本。これこそがパソ・ロブレスのカベルネ・ソーヴィニヨン!

生産国 アメリカ
地方 カリフォルニアワイン
アペラシオン パソ・ロブレス
生産者 エバレー ワイナリー
ヴィンテージ 2018
色 赤
ぶどうの品種 カベルネ・ソーヴィニヨン
生産情報
ブドウ栽培
パソ・ロブレスのテロワールの多様性と特性を示す、パソ・ロブレスAVA内の厳選した畑のカベルネを使用。

醸造
手作業で選果し、除梗した後、酵母を注入。マストは1日2回、10日間かけて攪拌後プレスされ、アメリカンオーク(新樽15%)とフレンチオーク(新樽10%)の樽に移し替えられます。ブレンド後、18ヶ月間樽熟成させます。

楽しみ方と保管方法
ティスティング・ノート
ブラックチェリー、レッドカラント、ブラックプラムのフレーバーにドライセージがアクセントを加える。親しみやすいミディアムボディで柔らかなタンニンが全体をきれいに纏めている。

栓 人工コルク
容量 750ml
アルコール度数 14.2%

生産者
生産者情報

パソ・ロブレスのワイン産業の立役者

パソ・ロブレスのワイン産業におけるパイオニアの一人であるギャリー・エバレー(Gary Eberle)は、自身のワイナリー設立と同時にパソ・ロブレスがアペレーションとして認定されることにも大きく貢献しました。エバレーは当時まだあまり流通していなかったシラーに着眼し、これをカリフォルニアに広めました。もとはタン・レルミタージュのシャポティエで栽培されていたカリフォルニア州立大学デイビス校所有の苗木を基に、20エーカーの畑にシラーのクローン株を植え、1978 年にアメリカで初めてシラー100%のワインをリリースしました。彼の新しい試みは徐々に周りのワイナリーも注目し始め、今日パソ・ロブレスはローヌ系ブレンドのプレミアムワイン生産地として、その地位を確立しています。パソ・ロブレスのアぺレーションを知り尽くしたエバレーのプロデュースするワインは、すべにその名が記されています。

“ワイン造りはアートであり、サイエンスでもある”
エバレーワイナリーのワインメーカー/パートナーでもあるベン・メイヨ(Ben Mayo)は、まさにこの言葉を体現しています。エバレーで10年近くキャリアを持つメイヨは、ワインメーキングを終わりのない未完成品と捉え、毎年の収穫を心待ちにしています。収穫まではサイエンスがものを言い、ブレンディングや、いかに美しいワインを造りだすかは自分の美的感覚を信じるしかないと語ります。メイヨ自身の芸術的センスとサイエンスのバックグラウンドを巧みにブレンドし、毎年高い評価を受けるワインを生み出しています。

STOP 20歳未満の飲酒

20歳未満の者の飲酒は法律で禁止されています。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。